外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】昨年5月に米軍に殺害された国際テロ組織アルカイダの指導者だったウサマ・ビンラディン容疑者が2002年からパキスタンで逃亡生活を続けていたことを、妻の1人がパキスタン当局に証言した。29日付の同国英字紙ドーンが報じた。国内での詳しい潜伏状況が明らかになるのは初めて。証言したのはイエメン人の妻(30)で、潜伏中に子供4人をパキスタン国内で出産していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信