外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党は25日、麦芽比率などに応じて異なるビール類の酒税を段階的に見直し、最終的に一本化を目指す方針を明らかにした。税率の高いビールは減税となる一方で、発泡酒や第三のビールを増税する方向で検討し、ビール類の税収規模は変わらないように制度を設計する。

共同通信