外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】敵対関係にあった米国と中国の関係正常化につながった1971年の「ピンポン外交」のきっかけをつくった中国の元卓球選手、荘則棟氏が10日、がんのため北京市内で死去したことが分かった。72歳だった。中国メディアが伝えた。荘氏は米中の対立が続いていた71年、名古屋で開かれた世界選手権に出場。米国の選手との接触をきっかけに、中国が米国選手団を招待する話がまとまり、ニクソン大統領の訪中が実現した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信