外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヘルシンキ共同】来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権第3日は3月31日、ヘルシンキで行われ、女子で日本勢は三原舞依(神戸ポートアイランドク)が合計197・88点で5位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が188・05点で11位となり、2006年トリノ五輪から続いた最大3枠の確保を逃して2枠に減った。

共同通信