外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2002年ソルトレークシティー、06年トリノ両冬季五輪のフィギュアスケート女子で入賞した村主章枝(33)=Kappa=が13日、現役引退を表明した。今月初めの東日本選手権で8位に終わって全日本選手権出場を4年連続で逃したかつてのエースは、東京都内で開いた記者会見で「全日本に進めず、次の五輪で37歳になることを考えると、この辺が潮時かなと思った」と語った。

共同通信