ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

フィギュア羽生が新たな顔

 フィギュアスケートの全日本選手権で今季初優勝した男子の羽生結弦(宮城・東北高)が、日本オリンピック委員会(JOC)の最高位の協賛社だけがテレビCMなどに起用できる「シンボルアスリート(SA)」に新たに選ばれる見通しであることが16日、関係者の話で分かった。JOCがマーケティング事業の柱に据えるSAの肖像権は、4年間で総額6億円を支払う協賛社「ゴールドパートナー」だけが使える。フ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。