外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヘルシンキ共同】フィギュアスケートの世界選手権第2日は30日、ヘルシンキで行われ、男子ショートプログラム(SP)で19歳の宇野昌磨(中京大)が世界歴代3位の104・86点をマークして2位につけた。3季ぶりの世界一を目指す2014年ソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)は4回転サルコーにミスが出て、98・39点で5位と出遅れた。

共同通信