外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピン南部ミンダナオ島で2011年、生け捕りにされた体長6・17メートル、体重約1トンのワニが10日、死んだ。「ロロン」の愛称で親しまれ、生け捕りにされた世界最大のワニとしてギネス記録に認定されていた。地元メディアが報じた。ロロンは、南アグサン州ブナワン町の観光公園で飼育されていたが、10日、容体が急変し、駆けつけた獣医師が死んだのを確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信