外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】米地質調査所(USGS)によると、フィリピン南部ボホール島で15日午前8時12分(日本時間同9時12分)、マグニチュード7・1の地震があった。震源の深さは推定20キロ。同国災害当局は死者が計20人になったと明らかにした。USGSは当初、地震の規模をM7・4としていた。震源地から北に約100キロ離れたセブ島のセブ市では、魚市場の建物が崩壊するなどして15人が死亡。

共同通信