外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピンのアロヨ大統領は4日、11月に57人が惨殺される事件があった南部マギンダナオ州に戒厳令を布告した。当局者によると、私兵組織が反乱を計画しているとの情報を得たため、戒厳令に踏み切ったという。司法当局は1日、私兵組織を率いて事件を首謀したとして、同州知事の息子アンダル・アンパトゥアン被告を殺人罪で起訴。知事一族ぐるみの犯行と疑われており、知事らの身柄も確保した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信