【マニラ共同】フィリピン軍当局は10日、南部スルー諸島で9日に軍とイスラム過激派アブサヤフが交戦し、軍の死者が18人、負傷者が53人に上ったと明らかにした。アブサヤフ側はモロッコ人を含む5人が死亡、20人が負傷した。死者にはアブサヤフ指導者の息子も含まれているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。