世界の出来事

 【ハノイ共同】インターネットを利用する東南アジアの若者に、ニュースや情報の入手先として頼る情報源を複数回答で尋ねたところ、米交流サイトのフェイスブックが63%で最も多かったとの調査結果を、世界経済フォーラムがまとめた。新興国の若い世代の生活で、ネットを通じた情報の信頼感が高まっていることが浮き彫りになった。

共同通信

 世界の出来事