外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ライプチヒ(ドイツ)共同】23日にドイツのライプチヒで行われたフェンシングの世界選手権男子フルーレ個人で、20歳の西藤俊哉(法大)が銀メダル、19歳の敷根崇裕(法大)が銅メダルを獲得した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信