外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リマ共同】ペルー日本大使公邸人質事件が22日に解決から20年を迎えるのを前に、当時の救出作戦を指揮したフジモリ元大統領が20日、ツイッターで「人質救出の大統領令がテロに対する自由の道を開いた。その日、平和が確固たるものとなった」との書簡を発表、成果を改めて強調した。フジモリ氏は在任時の人権侵害事件で禁錮25年の刑に服している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信