外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 フットサルの試合中に転倒している相手チームの選手の首を蹴り、けがをさせたとして、奈良県警橿原署は2日、傷害容疑で京都府木津川市梅美台、元フットサル日本代表、原田健司容疑者(35)を現行犯逮捕した。橿原署によると、原田容疑者の暴行行為は、相手選手を転倒させたことで審判からレッドカードを出された直後にあった。同容疑者は「カードを出され腹が立った」と話しているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信