外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンコク共同】フットサルのワールドカップ(W杯)は11日、バンコクで決勝トーナメント1回戦を行い、日本は前回大会8強のウクライナに3―6で敗れた。国際親善試合では3―1で勝ったが、この日は立ち上がりから連続失点。稲葉の退場も響き、前半を0―6と大きくリードされた。後半はGKに代えて攻撃の選手を入れる「パワープレー」に入り、森岡の2得点などで3点を奪ったが、前半の大量失点が響いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信