外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランス電力(EDF)は25日、北西部フラマンビル原発に建設中の新型炉、欧州加圧水型炉(EPR)について、配管の溶接に問題が見つかり、運転開始に向けた燃料装填を今年末から2019年10~12月期へ約1年延期すると発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信