外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ブッシュ前米大統領が9日に発売される回想録「決断のとき」で、米中枢同時テロ(01年)の容疑者の鼻や口に大量の水を注いで自白を迫る「水責め」と呼ばれる過酷な尋問を承認していたことを認め、実行を正当化していることが4日分かった。ロイター通信が報じた。ブッシュ氏はためらわずに承認したとし、テロ対策に必要な情報を得るために不可欠だったと主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信