外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米大リーグで今季ナ・リーグMVPに選ばれたブルワーズのライアン・ブラウン外野手(28)がドーピング検査で陽性反応を示したと10日、スポーツ専門局のESPN(電子版)が報じた。異議申し立てをしているため、大リーグ機構はドーピング違反を発表していないという。ブラウンの今季は打率3割3分2厘、33本塁打、111打点で33盗塁。ナ・リーグ中地区優勝に貢献した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信