【サンパウロ共同】日本人移住から110周年を迎えたブラジルの最大都市サンパウロで22日、ブラジル鹿児島県人会創立105周年記念式典が開かれた。鹿児島大に県費留学の経験もある日系3世の上園モニカみちえ会長は「県人としての誇りを忘れず、苦労を重ねて信用を築いた先人に改めて感謝している」とあいさつした。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。