外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】静岡県焼津市で2006年にブラジル人母子3人が殺害された事件で、日本政府から代理処罰(国外犯処罰規定による訴追)要請を受けて、ブラジルで殺人罪で起訴されたネベス・エジルソン・ドニゼッチ被告(51)の公判が1日、サンパウロ州裁判所で再開され、被告は罪状認否で黙秘した。

共同通信