外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】多くの鉄道ファンに惜しまれながらも廃止が相次ぐ寝台列車「ブルートレイン」が、マレーシアで再出発。同国南部ジョホールバルでは19日、本格運行開始を記念した式典が開かれた。マレーシアで“第二の人生”を送るのは「富士・はやぶさ」(東京―大分・熊本)として活躍した中古車両。近年の旅客増で車両不足に悩んでいたマレーシア鉄道公社の要請で、JR九州とJR西日本が無償譲渡した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信