外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ブレーキが付いていない自転車で公道を走り、摘発されるケースが急増。「ピスト」と呼ばれる競技用自転車が若者の間で人気を呼んでいることが背景にあるが、死亡事故をきっかけに警察も取り締まりを本格化。道交法は基準を満たすブレーキが付いていない自転車の通行を禁止。東京都内で昨年2月に当時69歳の女性がはねられ、約1週間後に死亡する事故が発生。これをきっかけに本格的な取り締まりが始まった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信