外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国際協力機構(JICA)がヒマラヤの国ブータンで、氷河湖決壊に伴う洪水(GLOF)の被害を防ぐため、9月から本格的な早期警報システム設置の支援に乗り出すことが1日までに分かった。ブータン中部に流れる2つの川の流域各2カ所に水位計などを設置し、衛星を通じて異変を監視する仕組みをつくる計画。住民に速やかに知らせるため、二つの河川流域に警報塔を計9カ所設ける。事業完了は2016年の予定。

共同通信