ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

プロ棋士が電王戦2敗目

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトによる5対5の団体戦、第2回電王戦の第3局は6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、船江恒平五段(25)が184手で将棋ソフトの「ツツカナ」に敗れた。対戦成績はプロ棋士の1勝2敗となった。第1局は阿部光瑠四段が快勝したが、第2局では佐藤慎一・四段が敗戦。現役棋士が公の場で初めてコンピューターに敗れていた。残りは2局で、プロ棋士が勝利するには2連勝が必要となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。