外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プーチン・ロシア大統領の最側近として知られるパトルシェフ安全保障会議書記が今月下旬に来日する方向で日本側と調整していることが分かった。複数の日ロ関係筋が15日、明らかにした。プーチン氏と同じソ連国家保安委員会(KGB)出身で、後身のロシア連邦保安局(FSB)長官を務めた。北方領土問題の進展を目指す日本側はパトルシェフ氏と、プーチン氏の来日について話し合う考え。年内の日本での首脳会談実現に向けた協議が前進する可能性がある。

共同通信