外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は18日、ドイツを訪問しメルケル首相と会談、両国関係の改善を目指した。ロシア国営テレビはドイツによるプーチン氏受け入れについて、トランプ米政権との関係悪化を受けメルケル氏が「対ロ強硬路線の転換を迫られた」と分析。プーチン氏は米欧が経済制裁で築いた「対ロ包囲網を切り崩しつつある」と報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信