外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】スイス検察当局は1日、サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会招致に絡み、元西ドイツ代表の名選手で同大会組織委員会の会長だったフランツ・ベッケンバウアー氏ら4人に対して横領や背任、マネーロンダリング(資金洗浄)などの疑いで捜査を進めていると発表した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信