外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】生活必需品の不足やインフレに対する国民の不満が高まるベネズエラの選挙管理当局は21日、反米左翼マドゥロ大統領の罷免の是非を問う国民投票を実施する場合、投票の時期は来年2月ごろになるとの見通しを示した。この日程では、罷免が決まっても憲法の規定上、副大統領が昇格するだけで、政権交代は極めて困難な情勢になった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信