外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権への反対デモを扇動したとして服役中だった野党指導者レオポルド・ロペス氏(46)が8日、健康悪化を理由に突然、軍刑務所での収監を解かれ自宅軟禁となった。同氏の弁護士は「健康に問題はない」とし、政権側の思惑は不明だが、「政治囚」だとして釈放を求めていた国際社会の圧力が奏功したとの見方もある。

共同通信