ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ベルギー、有毒ガスで1人死亡

 【ブリュッセル共同】ベルギー北西部のヘント近郊で4日、貨物列車が脱線し、積み荷の化学物質が爆発して炎上、有毒ガスが原因とみられる症状で1人死亡、17人が病院で手当てを受けた。貨物列車は脱線後、数回にわたり爆発を起こし、現場は大きな炎に包まれた。積み荷のアクリロニトリルという猛毒の化学物質が気化し拡散、付近の住民の被害を招いたとみられる。地元メディアは、地元当局による避難誘導遅れが被害拡大との見方。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。