外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】駐日米大使として米中枢同時テロ後の日米連携に尽力、当時の小泉純一郎首相とブッシュ大統領の親密な関係を支えたハワード・ベーカー氏が26日、脳卒中に伴う合併症のため南部テネシー州の自宅で死去した。88歳だった。同氏が顧問を務めていた法律事務所が発表した。

共同通信