外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】昨年10月の総選挙後、国内主要3民族の政治対立で約450日間、新内閣が発足していないボスニア・ヘルツェゴビナで28日、各民族の政党が新首相や閣僚ポストの配分で合意、来年1月にも新たな政府が発足する見通しとなった。各民族は1990年代の内戦で敵同士となり、95年の内戦終結後も政界の混乱が続いている。新内閣の発足により、ボスニアのEU加盟に向けた協議の進展が期待される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信