外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】ボスニア・ヘルツェゴビナの民族紛争(1992~95年)の激戦地、南部モスタルで、元サッカー日本代表主将の宮本恒靖さん(39)が子どものサッカーを通じた民族融和を進めようと計画したサッカー・アカデミーの施設が1日までにほぼ完成した。在ボスニア日本大使館によると、10月9日に開校する予定だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信