外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのボリショイ・バレエのセルゲイ・フィーリン芸術監督が強酸液で襲撃された事件は5日、同バレエ団の上級ソリスト、パベル・ドミトリチェンコ氏ら3人を捜査当局が拘束し急展開した。地元メディアはこのダンサーやフィーリン氏、同氏のライバルと関係が深いバレリーナをめぐる確執があったと報道。ドミトリチェンコ氏は6日、地元テレビのインタビューで「私が襲撃を計画した」と明言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信