外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】大規模修復を終え、このほど6年ぶりにオープンしたモスクワのボリショイ劇場本館をボリショイ・バレエ団の著名な男性ダンサー、ニコライ・ツィスカリーゼさん(37)が批判。「装飾品はオリジナルではなくプラスチック」「昔は金箔だったのに今は金色のペンキ」とこき下ろした。真偽は不明だが、ロシア人民芸術家の称号を持つトップスターだけに、バレエ界に波紋を広げている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信