外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】強酸液で襲撃されたロシアのボリショイ・バレエ団芸術監督セルゲイ・フィーリン氏が15日、入院先のドイツ・アーヘンで医師団と共に記者会見し、視力が回復したら「すぐにモスクワに戻って仕事を再開する」と述べ、再び襲撃される可能性などは「恐れていない」と強調。医師団は、フィーリン氏の視力は仕事が再開できる程度に回復するとの期待感を示したが、今後も手術が必要で、治療には「数カ月かかる」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信