外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

【リオデジャネイロ共同】南米ボリビアの大統領専用機が、米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者を乗せているとの疑いから、欧州諸国に領空通過を一時拒否され緊急着陸した問題で、ボリビア政府は8日、拒否した4カ国の大使を呼び、虚偽の情報をどこから得たか説明するよう求めていることを明らかにした。4カ国はフランス、イタリア、スペイン、ポルトガル。

共同通信