外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界のリチウム埋蔵量の約半分が眠るとされる南米ボリビアのウユニ塩湖で、同国と日本による塩水からリチウムを抽出する本格的な実験が23日までに始まった。抽出に携わる外国勢は日本のみで、電気自動車用などの電池に使われるリチウムの争奪戦では優位に立つ。ただ、反米左派モラレス政権はリチウム産業国有化の姿勢を崩しておらず、事業化へは壁がある。(ウユニ共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信