外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ鉱山落盤事故で、同国のピニェラ大統領は8日、12日にも行われる作業員33人の地下からの救出作業に隣国ボリビアのモラレス大統領も立ち会うため、作業に合わせて北部コピアポの事故現場を訪れると発表した。33人の中にはボリビア人作業員が1人含まれており「モラレス大統領も(救出の場に)居たいとの思いがある」(ピニェラ大統領)としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信