外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】ボリビア国会は26日、2006年以来大統領を務める左派モラレス大統領の事実上の4選を可能にする憲法改正案を承認した。政権側は来年2月、憲法改正の是非を問う国民投票を実施する方針。モラレス氏は改憲が承認された場合、次回2019年の大統領選に立候補する考えを表明した。地元メディアなどが伝えた。

共同通信