外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】電気自動車の動力源として期待されるリチウム資源の有数の保有国、ボリビアのガルシア副大統領は19日、リチウム開発について「年末ごろに交渉を始め、早期に結論を出す」とし、事業化に向けたパートナー選定作業を本格化させると述べた。これまでに7、8件の事業協力提案があるといい、副大統領は「リチウム採掘だけの(事業)交渉はしない。産業化に至るよう望む」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信