外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故で、山梨県警の現場検証の結果、本体天井部のコンクリートから脱落したつり金具の「アンカーボルト」にさびなどの腐食した痕跡が見つかったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。コンクリートに固定する接着剤に覆われたまま落下したボルトがあったことも判明。中日本高速道路はトンネル開通から交換した記録はないとしており、ボルトや接着剤の劣化で崩落した疑いが浮上した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信