外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米ボーイング社の最新鋭の中型ジェット機「ボーイング787」で主翼の燃料タンクとエンジンをつなぐ燃料配管に不具合が見つかったため、同機を保有する航空会社に米連邦航空局が総点検を指示していたことが5日、分かった。全日本空輸と日本航空が明らかにした。両社によると、機体を製造したときの部品の取り付けミスが原因。全日空は10月23日、不具合が原因の燃料漏れを発見し、ボーイング社に報告した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信