外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日空は26日、バッテリー発煙トラブルが起きたボーイング787を使い、札幌発羽田行きの臨時便を運航した。一般客を乗せ787が国内を飛ぶのは1月のトラブル以来初めてで、約4カ月半ぶりの商業運航。全日空は保有する全ての787でバッテリーを改修。試験飛行でもバッテリーに異常はなく、安全が確認されたと判断した。ただトラブルをめぐる日米の運輸安全委員会の調査は難航。原因が未解明のままの運航再開となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信