外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦航空局(FAA)は11日、全日本空輸や日本航空が導入を進めている最新鋭機のボーイング787でトラブルが相次いだのを受け、787の基幹システムに関する包括的な調査をボーイング社の技術陣と合同で実施すると発表した。調査は、787の設計や製造工程などを対象に、ボーイングの拠点がある米ワシントン州シアトルで着手。機体の電気系統や配電システムを重点的に調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信