外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バッテリーの発煙トラブルで運航を停止しているボーイング787について、米連邦航空局(FAA)が近く運航再開を認める方向で最終調整していることが18日、航空関係者への取材で分かった。根本的な原因は解明されていないが、バッテリーの設計変更でトラブルの再発は防げると判断したもようだ。機体の改修に1機当たり数日、「慣熟飛行」に数週間かかるため、全日空と日航が運航を再開するのは6月以降になる見込み。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信