【ベルリン共同】ポーランドのシドゥウォ首相は7日、地元ラジオのインタビューで第2次大戦のナチス・ドイツの侵攻を念頭に「ポーランドが受けるに値する正義について話し合いたい」と述べ、ドイツに対する賠償請求も辞さない構えを見せた。ポーランド通信が伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。