外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1997年の東京電力女性社員殺害事件で強盗殺人罪に問われ、無期懲役の二審判決が確定したネパール人ゴビンダ・プラサド・マイナリさん(46)の控訴審をやり直した再審の判決で、東京高裁は7日、無罪の結論を言い渡した。小川裁判長は、新証拠DNA鑑定結果を基に「第三者の男が犯人である疑いが強く、マイナリさんを犯人とするには合理的な疑いがある」と述べ、一審東京地裁の無罪判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信