外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 マカオのマンションで昨年7月、日本人女性=当時(31)=が刺殺体で見つかった事件で、さいたま地裁で窃盗と詐欺の罪で公判中の男(31)が「トラブルになり刺した」と女性の殺害を周囲にほのめかしていることが18日、捜査関係者らへの取材で分かった。埼玉県警は刑法の国外犯規定に基づき捜査を始め、外交ルートを通じてマカオ警察から捜査資料を入手。女性の現金が奪われており、近く男を強盗殺人容疑で再逮捕する方針。

共同通信